サービス付き高齢者向け住宅についての概要と注意点

バナー

サービス付き高齢者向け住宅についての概要と注意点

超高齢化社会の到来が懸念される中、高齢者が高齢者を介護する老老介護や、一人暮らしの高齢者による孤独死などは増加傾向にあります。
これらの問題をクリアするために、高齢の単身者や高齢の夫婦に向けた「サービス付き高齢者向け住宅」制度が作られました。

「サービス付き高齢者向け住宅」とは、介護と医療を連携させ、高齢者が安心して生活できるように工夫されたバリアフリー構造の住宅、あるいは有料老人ホームのことを言います。

高齢者施設の食事の情報を見つけよう。

国土交通省・厚生労働省が所管する「高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)」が平成23年に改正された際に創設された登録制度です。それまでの「高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)」「高齢者専用賃貸住宅(高専賃)」「高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)」を一本化したもので、バリアフリーな構造や居室の広さなどのハード面と、専門家による安否確認や生活相談サービスといったソフト面の両方を兼ね備えているのが、サービス付き高齢者向け住宅なのです。

高齢者施設の食材の情報探しをお手伝い致します。

「サービス付き高齢者向け住宅」の登録基準は3つあります。

横浜の介護の求人に関するお悩み解決にはこちらです。

住宅に関する基準としては、バリアフリーであること、床面積は原則25平方メートルであること、構造や設備が基準を満たしていることです。サービスに関する基準としては、少なくとも安否確認と生活相談サービスを提供することです。

介護付有料老人ホーム情報探しのサポートをいたします。

契約に関する基準としては、居住の安定が図られた契約であること、敷金・家賃・サービス対価以外の金銭を徴収しないこと、前払金に関して入居者保護がはかられていることです。

老人ホームの紹介についてわかりやすく説明しています。

登録は建物ごとに行い、5年ごとに更新が必要となっています。


登録事業者には登録時効の情報開示や契約前の説明などが義務づけられており、行政による指導監督が行われます。


これから新たにサービス付き高齢者向け住宅を建設する場合や改修する場合には補助金や税制優遇措置があります。

実際には住宅によってサービスの有無は異なるので、サービス付き高齢者向け住宅を選ぶ際には食事や家事、医療面などのサービスについてよく確認しておくことが必要です。

https://www.hyogo-wel.or.jp/
http://www.iuhw.ac.jp/index.html
http://www.roumap.com/